マイクロボトックス治療

テカリを抑え、お肌や毛穴をキュッと引き締め。しわやちりめんジワを改善して、なめらかなお肌に導きます。

治療内容

概要overview

皮膚の深い場所にある筋肉へ働きかけるボトックス注射とは異なり、マイクロボトックスは濃度の薄いボトックスを皮膚の浅い部分に注入します。治療部位に広く浅くまんべんなく打つことで細かいしわの改善を図ることができます。皮膚表面に近い場所へ注入するので指触りがつるんとなめらかになることも効果の一つです。皮脂が抑制されて毛穴も引き締まり、お肌の若返りや美肌を目指す方におすすめの治療法です。

料金(税別)
¥30,000から(範囲による)
麻酔
冷却麻酔
施術時間
10分

このようなお悩みにTo such a trouble

  • 細かいしわが気になる
  • 毛穴が目立ってしまう
  • 顔のテカリを抑えたい
  • ほうれい線周辺をほっそりさせたい

マイクロボトックスとボトックス治療の違い Difference in treatment

使用する製剤の濃度の違い

マイクロボトックスは通常のボトックス注射に比べると微量であり、濃度が薄いことが特徴です。濃度が薄く注入部位も異なるため、筋肉の働きを抑制するというボトックス本来の役割を果たすことはなく、注入後に表情が不自然になったり顔が歪んだりといった心配がありません。

注入場所の違い

ボトックス注射は筋肉の働きを抑制するためのアプローチですが、マイクロボトックスは皮膚の表面に近い部分へ注入します。表情筋による深いしわができている部位に直接注入するボトックスに対し、顔全体のバランスを見て広範囲にまんべんなく行います。広く浅く注入することで肌の質感がなめらかになります。

効果の違い

主に表皮層へのアプローチとなりますので、皮膚の浅いところにできているしわに即効性があります。お肌のキメを整え、ハリや弾力を回復させ毛穴を引き締める効果もあるので美肌効果を狙うならボトックスよりもマイクロボトックスがお勧めです。

おすすめ部位 Recommendation part

おすすめ部位

よくある質問Question&Answer

Q.顔への注射は不自然な表情になって失敗するのではと心配です。マイクロボトックスは大丈夫なのでしょうか?

A.顔の筋肉へ働きかけるボトックスとは異なり、マイクロボトックスは筋肉作用への影響が少ないので自然な表情を保ちます。しわを改善したくてもボトックスが効きすぎてだるさや重みを感じるという患者様も稀にいらっしゃいます。このような場合はマイクロボトックスをお勧めする場合もあります。注入量や場所など高度で繊細な医療技術が問われますので、施術例や実績があるクリニックを選ぶことも大切です。

Q.ボトックスの濃度が薄いということですが、持続期間も短くなってしまうのでしょうか?

A.マイクロボトックスに限らず注入治療には個人差がありますが、およそ4ヶ月から9ヶ月ほどでボトックス注射と変わりありません。治療後は医師や看護師の説明に従って注意事項を守り、日常でのケアを継続するようにしてください。

ボトックス注射治療内容

  • マイクロボトックス
  • しわを改善
  • 多汗症を改善
  • ガミースマイル治療
  • 目を大きく
  • まゆげ上げ
  • 首・フェイスラインのしわたるみ改善
  • お顔の輪郭を小さく
  • 鼻のカタチを整える
浜口クリニックの注入治療相談室