ヒアルロン酸注入の注意点

満足のいく治療となるよう事前にチェック!

シワを消すためのヒアルロン酸注入治療は、量や注入方法、アフターケアなど守るべき項目がいくつかあります。部位や希望の仕上がりによって個人差もございますので、カウンセリングでしっかりと医師と話し合い、納得した上で施術を受けることが成功の鍵です。「シワの部分に注射するだけだから誰にでもできる」という施術ではなく、繊細で高い技術があるからこそ顔全体のバランスを整えて理想の顔に近づくことができます。「注入したら本当に若返ったみたい!」と満足のいく治療となるよう、事前に注意事項を確認しておきましょう。

施術前

次に当てはまる方はヒアルロン酸注入をお断りする場合がございますのでご了承ください。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 過去にヒアルロン酸でアレルギー反応を起こしたことのある方
  • 糖尿病で血糖値のコントロール不良の方
  • 注入部位に細菌やウイルス感染がある方
  • 当日飲酒をしている方

施術当日

  • 注入直後に注射針を刺した穴からの微量の出血や注入部位の赤み、違和感が見られる場合がございます。医師・看護師が処置し、通常であればすぐに出血は止まり、赤みも引いていきますのでご安心ください。
  • 稀に治療部位とその周辺に赤みや違和感が3日間ほど見られる場合があります。また、周辺皮膚との境目がくっきりと凹凸になってしまうこともありますが、1週間以内で引いていきます。
  • 注射針を入れた場所に皮下出血が起こった場合、小さいながら紫色の跡が残ることがあります。数日~10日程度でなくなりますが、その間はメイクやマスクの使用などでカバーしていただきます。
  • 注入後は治療部位をむやみに触らないようにしましょう。翌日から化粧は可能ですが、まぶたや目の周りなどの濃いメイクは控えた方が良いでしょう。
  • 注入当日の飲酒・激しい運動は控えてください。温めすぎは良くないので、温泉・サウナ・長時間の入浴は控えシャワーで軽く済ませましょう。
  • まぶたの周辺へ注入した場合は当日にゴーグル(水泳、スキーなど)を使用すると皮膚が圧迫される危険があるのでお控えください。
  • 通常必要ありませんが、どうしても痛みに不安がある方には注入部位には麻酔クリームを塗流こともできます。電話でご予約の上1時間前に来院してください。別途麻酔代が必要となります。

注射後の日常生活における注意点

  • ヒアルロン酸注入後2~3日はエステやセルフマッサージなど強い圧迫を与える行為はお控えください。
  • 暖めるより冷やす方が早く腫れは引いてきます。当日の長時間の入浴、サウナは控えてください。

同部位の追加注射について

  • 同じ部位にもう少し入れてほしいという追加注入の場合、注射針の穴がふさがった後に施術が可能です。目安は約2週間後となっておりますので、再度ご来院ください。

ヒアルロン酸注入の持続期間について

ヒアルロン酸でもボトックスでも、注入治療で気になるのは「1回の注入でいつまで持つのか?」という効果の持続期間だと思います。一度入れたら継続して続けなければいけないのだろうかと不安になる方も多いことでしょう。

データの一例として、1年後も75%の方が効果を実感しているという報告があります。注入するヒアルロン酸の種類(製造会社)・注入部位などによって効果の個人差はありますが、データを総合すると持続期間は「6ヶ月~1年程度」と考えられます。注入後ふっくらしていた皮膚がいきなりゲッソリと形が変わることはなく、徐々に効果が衰えていき最終的には施術前に戻ります。

1回の注入では持続期間が限られてしまいますが、効果がなくなるまでの間に再度ヒアルロン酸を注入するとより長い持続効果を発揮することがあります。今あるシワを目立たなくするだけでなくこれ以上シワが深くならない予防効果もありますので、再注入の時期や部位などを医師と相談して決めていくと良いでしょう。