これ以上老け顔になりたくない!ほうれい線予防法

年代別おすすめ対策

実年齢より老けて見えてしまうほうれい線は「鼻唇溝」という医学的な用語があるように、年齢関係なく顔の構造上もともとあるものなので20代でも目立つ場合があります。20代では過度なダイエットや紫外線の影響によって小じわが進んでしまい、ほうれい線がくっきりする傾向があります。お肌のプルプル感やハリを保つコラーゲンとエラスチンは体内で十分に生成できる年代ですので、日常生活やケアの仕方を見直してお肌本来の力を引き出すことが大切です。暴飲暴食や夜更かしをせず、海やプールへ行くときは日焼け止めを丁寧に塗ってお肌を守りましょう。

30代半ばを過ぎるとコラーゲンやエラスチンが減少していく時期と重なり、お肌の老化が少しずつ進行します。日々の仕事や家庭・子育て・親の介護と20代の頃より負担が増え、お肌の手入れは後回しになってしまうこともありますが今こそ丁寧なケアが必要です。40代からはいよいよお肌や体の老化が進み、ホルモンバランスが崩れることもあり「更年期」という言葉が頭をよぎる時期です。この時期は日々のお手入れに加え、「ビスタシェイプ」で顔のバランスを整えておくと5年後10年後に違いが出ます。年齢を重ねてもなお美しくあるために美容皮膚科を利用し、お肌の専門家に相談できる環境を作っておくこともおすすめです。

50代以降になると閉経が始まり、保湿や表情筋の働きもガクンと落ちて体のすべての機能が衰え始めます。真皮や表情筋の衰え、皮下脂肪の肥大化という3つの原因すべてがたるみへつながる時期ですのでセルフケアではカバーしきれなくなります。ほうれい線があごまで伸びてマリオネットラインと一体化してしまうこともあり、老け顔が進行してしまうので適切な治療が必要です。美容医療の力を借りながら、定期的にヒアルロン酸注入を行うと潤いを保持していくことが期待できます。

ヒアルロン酸を注入で予防も

ほうれい線対策としての美容皮膚科での治療には2つの考え方があり、できてしまったしわの改善を目指す場合と、前もって予防するための治療を行う場合です。お肌の潤いを改善するヒアルロン酸注入はほうれい線対策に最適な治療といえますが、むやみに注入するのではなく専門医による診察とタイミングが重要です。肌本来の力を保ちつつ、適切な時期に注入することでそれまでのしわやたるみをいったんリセットすることができます。30代・40代でのビスタシェイプはしわの改善と同時に50代以降を美しく生きるための予防として意味があります。

「これさえなければ若々しく見えるのに!」とお肌のお悩みランキングで常に上位に挙げられるほうれい線は、顔の骨格や構造上誰もが持っているものです。鼻から口角にかけてできるしわは笑えばできるものですし、早い人であれば10代からくっきりしている人もいます。真皮や表情筋のたるみ・皮下脂肪の増加がほうれい線の主な原因となりますが、年代が進むにつれて複数の原因が重なります。明らかに言えることは、30代を境目として皮膚の保湿成分であるコラーゲンとエラスチンが減少の一途をたどり、何か対策を始めなければ老け顔は進む一方だということです。体の老化は誰にでも訪れるものであり、生きている限り自然な流れでもあります。老化を無理に抑えようとするよりも、年代に合わせた適切な注入治療で老け顔を予防していきましょう。

ヒアルロン酸注入治療内容

  • しわを改善
  • 輪郭形成
  • お顔のパーツをボリュームアップ