ぷっくりふっくら!自然な涙袋を作るならヒアルロン酸注入で

涙袋が人気の理由とは?

目元にふっくらとした涙袋があると目が大きい印象になり愛らしく笑っているように見えます。女性が憧れるモデルや芸能人にはこの涙袋が自然に備わっている方が多く、「かわいいから」とメイクで作る方法やトレーニング法も雑誌やネットに掲載されています。くっきりとした涙袋がある方と比べて「私にはない…」とあきらめることはありません。元々持っていなくても、涙袋はヒアルロン酸注射で人工的に作ることができるのです。

ふっくら柔らかいので脂肪なのでは?と思われがちですが、涙袋の正体は表情筋と呼ばれる顔の筋肉で目の周りを囲む眼輪筋が発達してふくらんだものです。人はニコッと笑顔になると目元が動くため、眼輪筋が発達していると自然な涙袋を形成します。化粧をしていないスッピンや無表情のときでもふわっと明るく柔らかい印象になり、「かわいい」「優しそう」「癒される」といった魅力を感じやすくなります。涙袋は性別や年齢を問わず人を魅了するので、「私も欲しい」と近年人気の施術でもあります。

たるみや小じわ…老化現象が出やすい目元はより丁寧なケアを

「かわいくなりたい」「美しくありたい」と願う女性に人気の涙袋は、年齢を重ねると筋肉や皮膚が衰えてしまって目立たなくなることもあります。たるみが進むと目の下にクマやくぼみができ、疲れている印象を持たれてしまいます。どんなにしっかりメイクしていても、ベースである皮膚にクマやくぼみ・たるみがあると若々しさが失われてしまいますので丁寧なケアを心がけることが必要です。

涙袋の正体は眼輪筋であることはお伝えしましたが、体の筋肉同様、顔の筋肉も使わないと衰えが進行しやすくなります。意識的に表情を豊かにしたり目の運動をしたりすることで涙袋や表情筋を動かしていきましょう。

皮膚がふっくらしている目元の涙袋は小じわ解消にも役立ち、あるだけで顔に立体感が出ます。アイシャドウやアイライナーで描いて自力で涙袋を作ることもできますが、化粧を落とすとあっという間になくなってしまいます。目元の皮膚は他の部位よりも非常に薄く、毎日のメイクは手間がかかる上に色素沈着や将来的なクマやたるみの元となる可能性も否めません。24時間いつでも自然な涙袋が欲しい!という方には専門医によるヒアルロン酸注入のご検討がお勧めです。

メイク不要!涙袋のボリュームアップにはヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注射による涙袋形成は顔の印象を明るくして若々しさを取り戻す効果も期待できます。ヒアルロン酸は体の中にもともとある成分の一つであり、皮膚の保湿や骨をスムーズに動かすための潤滑作用、強い衝撃から体を守るクッション作用があります。体外からヒアルロン酸を注入した場合でも、良質な製剤である限り皮膚組織へと自然と取り込まれていくので不自然さを感じることが少ない治療法の一つです。

目の形に合わせて涙袋の形状や注入する量は患者様によって違ってきます。患者様の好みや理想に合ったナチュラルな涙袋を作るためにもカウンセリングや診察の段階で骨格や皮膚の状態を詳しく診る必要があります。極細の針を使って注射しますので痛みが少ない治療ですが、局所麻酔を使用して痛みを和らげながら行います。稀に内出血が起こったり腫れたりする場合がありますが、処方されたクリームを塗ることで1週間~10日ほどで落ち着いてきます。目元の治療は範囲が狭い部位だからこそより繊細な技術が求められますので、注入治療の経験が豊富なクリニックや医師を選ぶようにしましょう。

毎日鏡の前で涙袋を作るために使っていた時間も、ヒアルロン酸注射で自然に作り出すことができれば朝に余裕を持つことができます。メイクを落としてもすっぴんになじむ涙袋によって自分の容姿に自信を持つことができ、毎日の生活がちょっと楽しくなるかもしれません。徐々に効果が薄れていくヒアルロン酸注射ですが、治療後も丁寧なケアを続けていくと半年~1年ほど効果が続く治療です。自然な涙袋を作りたいとご希望の方はぜひヒアルロン酸注入をご検討ください。

ヒアルロン酸注入治療内容

  • しわを改善
  • 輪郭形成
  • お顔のパーツをボリュームアップ
浜口クリニックの注入治療相談室